介護保険

介護が必要な高齢者やその家族の負担を社会全体で支えていく仕組みで、平成12年4月から始まりました。40歳以上の方が介護保険料を負担し支えています。介護保険のサービスを利用できるのは、65歳以上の第1号被保険者と40歳~64歳で「特定疾病」により介護認定をうけた第2号被保険者の方です。

介護保険を利用するには、区役所に申請の後、介護認定審査を経て、介護度を決定する必要があります。まず、かかりつけ医(主治医)や区役所の「えがおの窓口」、最寄のあんしんすこやかセンターに相談してください。申請の際には主治医意見書が必要になります。かかりつけ医のない方は、中央区医師会に主治医紹介窓口がありますのでご相談ください。

介護保険制度の詳細や「特定疾病」については「神戸市の介護保険制度のあらまし」のHPを参照してください。

神戸市の介護保険制度のあらましのPDFはこちら

神戸市の介護保険のあらまし(全ページ)(PDF形式:20,010KB)